今週のマーケットを振り返ります。

AUDJPY、USDJPYについて日足、週足などを見ながら大きなトレンド方向に目を向けてみます。

AUDJPY 週足(W1)

▲AUDJPY W1 2023.12.8クローズ時

先週の振り返りでAUDJPYにて、週足が赤色スパンが陽転、下落方向になるかも?と書きました。

AUDJPYの週足では、3月に赤色スパンが隠転して以来、ようやく陽転しています。
猶予期間がまだあと2週間ほどありますが、+2σを超えていたため”走って”いましたが、ようやく+2σの内側に入ってきたようです。
このまま+2σを下回り続ければ、目先、前回のスパンモデルシグナル(6月25日)の高値くらいまで押し戻されるでしょうか?

https://pochi.style/market/7168178/

結果的に、予測通り大きく下落方向に向かい、スパンモデルシグナル(6月25日)の高値どころか青色スパン、ザラ場では-1σまで到達しています。

終値はセンターライン付近となっていて、週足では赤色スパンの陽転の猶予期間中であり、調整反落トレンドの最終ターゲットである-2σが赤色スパンと重なっており、そこまで到達するか注視したいところです。

AUDJPY 1時間足(H1)

▲AUDJPY H1 2023.12.8クローズ時

1時間足は赤色スパンは隠転のまま、スパンモデルのシグナルも特に点灯はしていません。

週足での下落予想を元に見ていましたが、本格下落トレンドが発生しています。

USDJPY 日足(D1)

▲USDJPY D1 2023.12.8クローズ時

USDJPYでは、スパンモデルシグナルの点灯と赤色スパンの隠転の後、大きく下落してそれぞれの下限を下回って順行しています。

+1σを下回り続けている現在のトレンドがいつまで続くのか?

赤色スパン点灯時の下限や青色スパンなどまで戻るのか、-1σと赤色スパンが重なっているのでそこまで戻るのかなどを注視していきたいと思います。

(2023.12.9)

【勝率87.5%】鉄壁FX

【勝率87.5%】鉄壁FX

笹田喬志
1,617円(02/27 13:50時点)
発売日: 2020/04/06
Amazonの情報を掲載しています

使用しているチャートについて
当サイトで使用しているインディケーターは、マーフィー氏が動画で公開している内容を元に自作したMT4用のスパンオートシグナルです。配布等は行っておりません。
この情報を参考にして被った不利益、損害については一切責任を負うものではありません。
自作スパンオートシグナルについてはこちらからの記事をご覧ください。
https://pochi.style/market/7156158/

chokotto

投稿者プロフィール

FXでちょこっと遊んでます。
マーフィー流・自作のスパンオートシグナルでシンプルなトレードを目指します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


  1. MacBook Air Mid 2013のSSDをNVMeに交換してみた

    10年前に購入してしばらく使っていたら突然起動時にディスク?????となって使用不可になっていたM…

おすすめ記事

  1. 10年前に購入してしばらく使っていたら突然起動時にディスク?????となって使用不可になっていたM…
  2. フランクフルト・アム・マインのFLE社からの依頼でニュルンベルクのRT Log社まで医療ワクチンを…
  3. ニュルンベルクのRT Log社からの依頼でフランクフルト・アム・マインのWGCC社まで重油を配送し…
  4. フランクフルト・アム・マインのTransiNet社からの依頼でケルンのITCC社までリザーバータン…
  5. Project Japanにて金沢から富山まで14トンの自動車用オイルを運びます。 途中、ア…
ページ上部へ戻る