CB缶ベストチョイス法 〜ノアソビ【CAMP超解説】より〜

アウトドアの火器としてシングルバーナーなどをよく使います。

CB缶やOD缶が主流でよく使われています。

CB缶は入手性もよく、100均やコンビニ、スーパー、ホームセンターなど、どこでも購入できるため入手性が良いですね。

ただ、100円くらいから高いものでは300円、400円くらいするものまで価格の幅があり、なぜ価格がこんなに異なるのか?と思っている方も多いかと思います。

Youtubeの「ノアソビ【CAMP超解説】」さんでわかりやすく解説されていましたのでご紹介します。

【キャンプノウハウ超解説】あなたの最適はどれ?CB缶ベストチョイス法!

ノアソビ【CAMP超解説】

最後に

無駄に高価なものを購入することもないですし、必要な時に必要な火力を得られないということも防げます。

火器は温かいものを作る、温めるという目的で使用されることが多いですから、せっかく冷えた体を温めるためにガスを使いたいときに使用できないのはとても残念なことです。

それぞれの商品の特性をよく理解して適切なものをチョイスすることがとても大事ですね。

今回の動画はその点でとてもよく理解でき、今後の最高になりました。

pochi

投稿者プロフィール

なんでも興味津々チャレンジするが大成はしない...。北海道が大好き。'2018/'2019北海道124道の駅、市町村制覇も離島を残して制覇!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


  1. 【 ロープワーク 】誰でも簡単にできて実践的な”もやい結び”〜マニアックな”もやい結び”と”ムービング・ボウライン”〜

    キャンプやアウトドアへ行くと少なからずロープワークが必要になります。 テントやタープの張り綱…

おすすめ記事

  1. 10年前に購入してしばらく使っていたら突然起動時にディスク?????となって使用不可になっていたM…
  2. フランクフルト・アム・マインのFLE社からの依頼でニュルンベルクのRT Log社まで医療ワクチンを…
  3. ニュルンベルクのRT Log社からの依頼でフランクフルト・アム・マインのWGCC社まで重油を配送し…
  4. フランクフルト・アム・マインのTransiNet社からの依頼でケルンのITCC社までリザーバータン…
  5. Project Japanにて金沢から富山まで14トンの自動車用オイルを運びます。 途中、ア…
ページ上部へ戻る